サプリメント成分「ビタミンD」

ビタミンDは脂溶性ビタミンに分類されます。
ビタミンDは食事から得られる意外に
太陽の紫外線を浴びる事で体内で合成されるのが特徴です。

ビタミンDの効果と働きはカルシウムと密接な関係があります。
骨や歯を形成するカルシウムは
日本人が不足しやすいミネラルになります。
なのでカルシウムを日本人はもっと積極的に摂る必要がありますが
これだけではいけなかったのです。
カルシウムの吸収を助けてくれるのがビタミンDだったんです。

カルシウムは丈夫な骨や歯を作る為には必要で
骨粗鬆症や骨軟化症になるのを防ぐ効果が期待出来ます。
カルシウムを有効に使うには
ビタミンDとセットで摂取していきましょう。

最近の研究結果では
ビタミンでゃ精神的な好影響や
インフルエンザの予防でも活躍する事が分かってきています。
このためにビタミンDが不足すると
うつになりやすい傾向にあり
これは冬季性鬱が代表的で
寒くて陽射しが弱い火に気分が沈む事を言います。


太陽光を浴び得ると紫外線が皮膚の死亡に作用し
ビタミンDがつくりだされますが
逆に太陽を浴び過ぎるとシミや皮膚がんの原因となりえますので注意が必要です。
ビタミンDを作るにはそれほど長時間浴びる必要性はないので
自転車や徒歩で買い物に出かける程度でも十分にビタミンDを作られます。

copyright(C)健康サプリメントのススメ